【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンあらすじネタバレと感想!声優についても

今回は2020年4月24日に公開される映画【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】の

  • あらすじ
  • ネタバレと感想
  • 声優キャスト

なんかを紹介していこうと思います。

アニメファンから、最も泣けるアニメ作品とも言われるヴァイオレット・エヴァーガーデン。

ワールドツアーでは世界各地で熱狂の渦を巻き起こしました。

京都アニメーションが生み出す繊細な背景美術にもとても注目されています。

そんなヴァイオレット・エヴァーガーデンが遂に劇場版として2020年、この春スクリーンに登場します!



【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンのあらすじ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、代筆業に従事する若い女の子。

幼い頃から兵士として戦ってきた彼女には、心を育む機会が与えられなかった。

そんな彼女は、大切な上官、ギルベルト・ブーゲンビリアが残した言葉の意味が理解できなかったのである。

──心から、愛してる。

戦争が終結して数年が経ち、人々は前を向いて歩んでいこうとしていた。

しかし、ヴァイオレットはギルベルトがまだ生きていることを信じ、彼を想う日々を過ごしていた。

そんなある日、ギルベルトの兄・ディートフリート大佐と鉢合わせる。

ディートフリートにギルベルトのことはもう忘れるべきだと言われるが、ヴァイオレットにとってそれは不可能だった。

そんな折、ヴァイオレットへある一本の依頼の電話がかかってくる。

一方、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかった。

以上があらすじです。

宛先不明の手紙とは、もしやギルベルトがヴァイオレットに宛てて書いた手紙なのでは!?と期待が膨らみますね。

ヴァイオレットは「愛してる」の意味を理解することができるのか、結末が楽しみです!


【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンのネタバレ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは2020年4月24日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンの感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは2020年4月24日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

Twitterでは早くも「見たい!」という声があがっております。

元々原作ファン、そしてテレビアニメ版のファンの皆さんは公開日が待ちきれない様子ですね。

また、昨年2019年7月に放火殺人事件の被害に遭った、京都アニメーションを応援するメッセージも数多く届けられているようです。


【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンの作品情報

  • 公開 2020年4月24日
  • 監督  石立太一
  • 脚本  吉田玲子
  • 音楽  Evan Call

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは暁佳奈さんによって書かれた小説が基になっています。

それを原作とするアニメーションが2018年1月~4月の間にテレビにて放送されていました。

今回劇場版が公開されるにあたり、2020年4月~再放送も予定されています。

原作小説でのイラストを手掛けた高瀬亜貴子さんがキャラクターデザイン・総作画監督を務め、京都アニメーションが映像として発展させ、更には第5回京都アニメーション大賞をも受賞しました。

今回の劇場版に関して石立太一監督は、原作やテレビアニメを見ていない人にも楽しんでもらい、世界に息づく人々、生活、自然、全てが届いてほしいとコメントしています。

【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンの声優キャスト

ヴァイオレット・エヴァーガーデン役→石川由依(声)

主人公のヴァイオレットの声を担当するのは石川由依さん。

石川由依さんは1989年5月30日、兵庫県生まれ。

6歳の時に大阪の劇団ひまわりに入団し、その後様々な公演やミュージカルにて活躍されていました。

2007年にテレビアニメ「ヒロイック・エイジ」にてアニメ声優デビューを果たします。

2013年~2019年にかけては、人気テレビアニメ「進撃の巨人」に出演し注目を集めます。

2014年には第8回声優アワード助演女優賞を受賞されました。

ギルベルト・ブーゲンビリア役→浪川大輔(声)

ギルベルト・ブーゲンビリアの声を担当するのは浪川大輔さん。

浪川大輔さんは1976年4月2日、東京都生まれ。

小学2年生の時に劇団こまどりに入団。

映画「E.T.」の主人公役の吹き替えを担当し、それ以降数多くの子役吹き替えのオファーを受けるようになります。

2010年には第4回声優アワードにて助演男優賞を受賞されました。

また、同年6月には歌手デビューも果たし、昨年2019年にはライブツアーも行われています。

【映画】ヴァイオレットエヴァーガーデンのまとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの面白い特徴の一つは、登場人物のほとんどに花の名前が付けられているという点です。

しかも、それぞれの花の花言葉とそれぞれの人物の特徴がとても一致していると話題になっています。

たとえば、ヴァイオレットの花言葉は「誠実」、「小さな幸せ」。

そしてブーゲンビリアの花言葉は「情熱」、「あなたしか見えない」。

まだ作品も見たことがない人でも、この2人の人物像が花言葉と重なることをイメージできることでしょう。

登場人物それぞれの花言葉を調べてみると、それぞれの人物の本当の姿を読み解くヒントになるかもしれませんね。

さて、京都アニメーションの傑作とも言われるヴァイオレット・エヴァーガーデン。

遂にこの春、2020年4月24日に公開されます!ぜひお見逃しなく!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です