テセウスの船9話ネタバレと感想!視聴率についても調査!

「テセウスの船」第9話が放送され、今回もハラハラドキドキする展開が盛りだくさんでしたので見ていきたいと思います!

テセウスの船9話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 視聴率

について詳しく書いていきます!




テセウスの船9話ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

テセウスの船、第9話までいよいよあと1時間❗️🚢✨ #本日いまさっき撮れたてのラブラブ心さんと文吾さんより #とれたてほやほやのカウントダウン #9話のラストは衝撃的 #あれがああなって #こんなとこに #うわーー‼️😵 #実はお2人が1日がかりの撮影で疲れ切った時にカウントダウン撮っていただきました #テセウス俳優部はsnsも全力です…😢 #テセウス俳優部の全力カウントダウン #1時間前でいつも終わりですが #今日はまだあるかも? #テセウスの船 #心さんと文吾さん #心さんと一緒 #byスタッフ

TBS日曜劇場「テセウスの船」公式(@theseus_tbs)がシェアした投稿 –

みきおから呼び出されてキャンプ場に向かった佐野でしたが、真犯人に襲われ意識を失ってしまいます。

そんな中、みきおが青酸カリ中毒で倒れている状態で佐野のパトカーから発見され、行方不明になっている佐野が犯人なのではと、マスコミが自宅に殺到。

タイムスリップ前は妻・和子は夫・文吾を信用することができず、記者に対して謝り、家族が崩壊してしまいましたが、今回和子は夫を信じると記者に断言し、追い払います。

そして心は、捨てたはずの由紀の事件ノートを駐在所で見つけ、そこに12年前の音臼村祭のチラシがノートに挟まっていることを発見。

少しでも手掛かりを探そうと、チラシに名前のあった音臼村小学校の校長を訪ねると、12年前の音臼村祭できのこ汁に毒キノコが入っていたことにより、徳本の母親が亡くなっていたことが発覚。

徳本と井沢が佐野を監禁していたかのようなセリフもありました。

とらわれていた佐野はなぜか解放されますが、警察で事情聴取を受け、そのまま留置所で一晩を明かします。

翌日釈放されましたが、駐在所の佐野のワープロの中からみきおが書いていた犯行日記が発見され、さらに裏庭から青酸カリも見つかったことにより、帰宅直後、連続殺人事件の被疑者として警察に連行されました。




テセウスの船9話感想

タイムスリップにより、事件を食い止めようと努力していた心ですが、21人殺害の音臼村小事件は食い止められたものの、連続殺人事件の犯人として佐野が連行されてしまうという回でした。

これまでの心の努力で、当初の事件が起こったときと比べ家族の絆の深さを感じることができ、特に文吾を支える和子の度胸と愛はとても感動するものでした。

由紀もそうでしたが、このドラマは女性陣がとてもかっこよく心強いドラマであるとおもいます。

そして今回、怪しい人物として新たに浮上した徳本と井沢、そして石坂校長。

黒幕が最終回直前になってこんなにも一気に増えるというのも、ハラハラする展開です。

個人的には今回新たに登場した小藪演じる馬淵がとても気になります。

昔から佐野を嫌っているようで、今回も家宅捜索を強制的に行い、裏庭で物証を見つけたのも彼でしたが、佐野を嫌った理由は何なのか、それが事件に何か関係しているのか気になります。

そして今のところ、事件の内容は違えど、結局運命は変わっていないということになります。

運命は変えられないのか、家族はばらばらになってしまうのか、次回最終回とても楽しみです!



テセウスの船9話視聴率

発表され次第追記します!

まとめ

いよいよ次回最終回ということで、それに向けてのクライマックス回でした!

黒幕は誰なのか、佐野家はこの事件を乗り越えられることができるのか、心がタイムスリップした意味は?

まだまだ明かされていない謎がたくさんありますね。

すべて明かされるのでしょうか。最終回、とても楽しみです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です