パラサイト半地下の家族考察!ラスト結末(ギテクの行動)を考えてみた!

劇場で公開されてから話題沸騰中の「パラサイト半地下の家族」を観てきました!

前情報は一切いれず、知予告動画も見ず全くの識ゼロの状態で観たので、衝撃が大変大きかったです。

気になった部分を幾つか解説したり、考察を交えて書き記したいと思います!

※本記事はネタバレも含むので、視聴前の方はご注意ください。(本作品はネタバレを厳禁となっているので)

【映画】パラサイト半地下の家族のあらすじネタバレと感想!上映館も調査!

2019.12.13

パラサイト半地下の家族のDVD発売日はいつ?動画配信についても!

2020.01.29

半地下の住居

主人公家族たちが生活している半地下の住居は、日本人の私たちにとっては見慣れない・聞き慣れない住居のタイプですが、どうやら現在の韓国社会の中では、貧困層の特徴として、今でも住んでいる人が大変多いそうです。

日がほとんど差し込まないような部屋で、薄暗く、トイレもほぼ剥き出しのようで年季の入った部屋のつくり

物語の中でお金持ち夫婦が、彼らの独特な「臭い」について話すシーンが出てきますが、何年もこのような閉鎖された空間の中にいたら、身体の芯まで独特な生活臭が染み付くのは間違いありません。

主人公の昔の栄光を象徴するようなメダルが映し出されますが、一気に転落した生活がこれか、と思うとやるせなさを感じます

主人公がした殺人の是非

地下に隠れ住んでいた家政婦の夫が、殺戮を始めるシーンですが、殺人とは言え、彼自身の苦悩を考えると辛い部分がありました。

障がいを持っているような彼が生きていくには厳しい社会情勢であることは、半地下の住居を見ても分かります。

暗い地下の監獄のような空間に一人っきりで、唯一の妻も無くし、自分の発信しているSOSのモールスにさえ誰も気づいてくれない自暴自棄になるのも当然だし、すべてのものに憎しみを覚えてしまうのは当然じゃないでしょうか。

更に、最初は殺戮を止めようとしていた主人公が殺人を犯してしまうのも、彼のプライドがズタズタになったからこその衝動でしょうし、あの場ではどうすることも出来ない展開だったように思います。

娘が刺されたことよりも、自分自身が持っていた

「こんな転落人生には陥りたくなかった」

「自分でも気づいていない貧困の臭いが染み付いていることが、自尊心をボロボロにされて耐えられない」

そんな思いから、あのように怒りのまま、衝動的に刺してしまったんでは無いでしょうか。

貧困問題の重さ、そして格差社会について考えさせられるラストです。

登場人物たちの巧みな演技力

演技力が本当に素晴らしく、貧富の差の映し出し方が逸脱していました!

貧困層家族の雑な言葉遣い、食事の仕方、汚水にもためらわず入っていける根性と、富裕層家族のゆとりある動きやおっとりとしたオーラ、その差が少しのシーンの中でも分かりやすく対比されていて、大変リアルでした。

特に、元家政婦が再度家にやって来てインターフォンのモニターに映し出された時の、あの独特な狂気を感じる表情は、物語の転換として最上のシーンだったと思います。(最初全くの別人かと思いました笑)

不気味で、ぞっとするある表情は忘れられないくらいインパクトのあるものだったと思います。

疑問として残った部分

全体的に目を離せず、本当に面白い作品でしたが、幾つか疑問点もありました。

【1】生徒の女の子と付き合う展開になったけど、仕事を紹介してくれた友人にはどうするつもりだったのか?

(あまりに簡単に付き合うので、どうやってばらすつもりなんだこの男の子はと浅はかに思ってしまいました)

【2】男の子は、なぜモールス信号を見ても誰にもそのことを言わなかったのか?

【3】なぜ他の富裕層の友人たちには、講師や家政婦の評判を聞かなかったのか?(パーティにあれだけたくさんの友人を呼べるのであれば、もっと評判の良い人を口コミで紹介してもらいやすかったんじゃないかと思ってしまったのですが

最後に

総じて、韓国の社会問題を考えさせられる作品だったと共に、インパクトのある衝撃映画として大変面白い映画でした!

貧富の差を映し出したり、暴力的で残虐なシーンを映し出す韓国映画は本当に面白いものが多いので、「パラサイト半地下の家族」に限らず、視聴してみようと思います!

いま現代の映画のトレンドと言われる

  • 貧困の差
  • 気候変動

をうまく表現していた映画でした。

特に台風?嵐?が来た時と去った後では富裕層と貧乏層では生活スタイルが全然と違いましたよね。

貧乏層は家が壊され避難所で生活をしますが、富裕層達は翌日には多くの友人を招待し豪華な誕生日パーティーを開催していましたので。

今でも貧困の差はありますが、噂ではこの先更に広まってくるとまで言われています。

当たり前ですが誰もが富裕層になりたいと思っている中そう上手くいかないのが人生。(今回の映画のように)

しかし1日1日を全力で生きていけば富裕層に近づくことはできるし、主人公の家族まで落ちることはないので毎日頑張っていきたいですね。

映画としてめちゃくちゃ面白く、色々と考えさせられる内容にもなっているのでぜひ劇場で御覧ください♪

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です