【映画】カツベンのあらすじネタバレと感想!井上真央出演で話題沸騰!

今回は12月13日に公開される映画【カツベン】の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • キャスト

なんかを紹介していこうと思います。

歌舞伎レディ以来5年ぶりとなるオリジナル映画が、今若手俳優・女優を起用して公開されます!

監督の周防正行さんが【最高傑作】と断言しているので大ヒット映画になる可能性大です!

【映画】カツベンのあらすじ

子どもの頃、活動写真小屋で観た活動弁士に憧れていた染谷俊太郎(成田凌)。

“心を揺さぶる活弁で観客を魅了したい”という夢を抱いていたが、今では、ニセ弁士として泥棒一味の片棒を担いでいた。

そんなインチキに嫌気がさした俊太郎は、一味から逃亡し、とある小さな町の映画館<靑木館>に流れつく。

靑木館で働くことになった俊太郎は

“ついにホンモノの活動弁士になることができる!

と期待で胸が膨らむ。

しかし、そこには想像を絶する個性的な曲者たちとトラブルが待ちうけていた!

超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった展開へ!

俊太郎の夢、恋の運命やいかに…!?

【映画】カツベンのネタバレ

カツベンは2019年12月13日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

※以下よりネタバレを含みますのご注意を!

無声映画に説明をつける活動弁士「カツベン」に憧れる少年、染谷俊太郎(成田凌)。

幼なじみの梅子(黒島結菜)と盗んだキャラメルを食べながら、山岡秋馨(永瀬正敏)の弁に聞き入る日々でした。

やがて俊太郎は山岡秋馨を名乗るニセ弁士となり、泥棒一味の安田のもとで盗みに加担していました。警察から逃げるどさくさに紛れ、大金の入った鞄とともに俊太郎は姿を消します。

町の活動写真小屋「靑木館」に流れ着く俊太郎。

そこにいた弁士は汗かきの内藤、イケメンの茂木、そして今は落ちぶれた山岡秋馨でした。

一方、安田は親分の橘重蔵のもとにいました。そこは靑木館のライバル「タチバナ館」。

重蔵の娘・琴江は茂木を引き抜きにかかります。

ある日、俊太郎が山岡の声真似でカツベンを務め、喝采を浴びます。女優となった梅子とも再会し、人気者になりますが、安田と、警官の木村にも見つかってしまいます。

一緒に逃げようという梅子の言葉で、隠しておいた金を確認する俊太郎。

それを三味線楽士、定男が見ていました。

とうとう安田から金を要求される俊太郎ですが、鞄がありません。梅子を人質に取られ、映画フィルムもずたずたにされてしまいます。

金を持ち逃げした定男ですが、ごみ回収の男がそれと知らず、鞄を持ち去りました。

俊太郎たちはばらばらになったフィルムを貼り合わせ、即席でカツベンを作ります。無事観客が入り、木村と重蔵、安田も現れました。

梅子を救うためタチバナ館へ向かうも、用心棒に勝てない俊太郎。そこに琴江が現れ、鍵を渡す代わりにキスを迫ります。

梅子を救い出すと、俊太郎は靑木館へ戻ります。そこで定男と鉢合わせますが、その前を例の鞄を持った男が通り過ぎ、顔を見合わせる二人。

映画を待ちわびる観客の前に内藤が出てブーイングを浴びますが、ようやく俊太郎が登場。大盛況のうちに幕を閉じます。

しかしここで安田が銃を撃ち、俊太郎は逃げ、木村が追い、フィルムに引火して燃え上がる靑木館。結局、安田と俊太郎は警察に捕まります。

俊太郎を待つ梅子の前には映画監督を名乗る男が現れ、俊太郎に頼まれたと言って、京都の映画撮影へと誘います。

その後、焼け残ったフィルム缶から出てきた大金のおかげで靑木館は再生にこぎつけ、刑務所にはカツベンの声が響いていました。

拍手の中、俊太郎は看守からあるものを渡されます。

それは、面会に来たものの会わずに帰った女優、梅子が残したキャラメル。初恋の味が蘇る俊太郎でした。

【映画】カツベンの感想

カツベンは2019年12月13日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

※以下に試写会でカツベンを視聴した方の感想を掲載しておくので参考にどうぞ!

面白い!という声が多いので期待が高まっていきますね♪

【映画】カツベンの作品情報

  • 公開 2019年12月13日
  • 監督 周防正行
  • 脚本 片島章三
  • 原作 なし
  • 製作総指揮 佐々木基
  • 音楽 周防義和
  • 主題歌 奥田民生 カツベン節

監督の周防正行さんが【一番映画愛に満ち溢れた、笑えて、泣けて、ハラハラドキドキする!】【最高傑作】と仰っているカツベン。

前作の歌舞伎レディも公開後はフランス・パリで開催されるJapan Expoに招待作品として出品されたり、第38回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を受賞する素晴らしい作品です。

しかし、前作を超えるほどの作品になっているようなので今から非常に楽しみですね。

歌舞伎レディの興行収入は約8億円だったので、今作は10億円突破を狙って頂きたいです。

後ほど紹介しますが出演するキャストも今人気が上昇してる若手とベテランが上手くミックスしてあるので、安定感は抜群かと感じます。

歌舞伎レディでは主演の上白石萌音さんが新人賞を受賞するほど有名になったので、カツベンでも若手俳優の誰かが注目されるきっかけになるかもしれません。

【映画】カツベンのキャスト一覧

染谷俊太郎役→成田凌

 

この投稿をInstagramで見る

 

も〜かわいっ!!!🤦‍♀️ #成田凌 #成田凌すきな人と繋がりたい #followme

おもち(@motiron_narita)がシェアした投稿 –

本作の主人公。

活動弁士を夢見てとある小さな町にやってきた青年。

染谷俊太郎役を演じる成田凌さんはこれまでに

  • キセキ
  • コードブルー
  • スマホを落としただけなのに

などに出演している今注目の若手俳優です。

芸能界入のきかっけはモデルですが、今ではすっかり俳優としてのイメージが強くなったかと感じます。

監督からは【出会った時の素直な雰囲気に加えて、活動弁士として活躍する姿が容易にイメージできた】と言われています。

栗原梅子役→黒島結菜

俊太郎の初恋の女性で女優を目指して奮闘する。

栗原梅子役を演じるのは黒島結菜さん。

有名な作品といえば

  • アシガール
  • イダテン
  • 12人の死にたいこどもたち

がありますね。

これまでは大学と女優業を並行して活動を行っていましたが【両立は難しい】と判断し、2019年から女優業1本に専念した事が話題になりました。

現在は女優1本なので来年には更に出演数が増えてくるでしょう。

監督からは【駆け出しの女優を演じるに相応しい初々しさと可憐さを感じた】と言われています。

ちなみにカツベンの主演の2人は100名規模のオーディションに合格しているので、演技力にも定評があります。

橘琴江役→井上真央

 

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ「少年寅次郎」 試写会 10月19日(土)夜9時スタートです!✨💓 * #井上真央 #maoınoue

井上真央 fan page(@maoinoue_fanpage)がシェアした投稿 –

【青木館】のライバル映画館である【タチバナ館】の館主である橘重蔵の娘。

橘琴江役を演じるのは大注目の井上真央さん。

Yahooで【カツベン】と検索すると関連キーワードに【井上真央】と表示されるほど注目されています。

井上真央さんは

  • 花より男子シリーズ
  • 永遠の0
  • 白ゆき姫殺人事件

なんかに出演していますが、映画に出演するのは2014年の白ゆき姫殺人事件以来なので結構久しぶりです。

ですが2021年に公開される映画への出演も既に決まっているので、徐々に女優業に復帰してくれる事に期待です。

山岡秋声役→永瀬正敏

 

この投稿をInstagramで見る

 

『金馬奨〜Golden horse award〜無事終了!』 昨日朝8:30〜16:00まで厳重に管理された中、審査結果、内容が外部に漏れない様に(弁護士立ち合いのもと、スマホや通信機器は没収。外部との接触禁止。ホテルのワンフロアを貸し切りそこから出る事は許されない) 最終審査が行われ、様々な意見を出し合いながら、中には第三次投票まで行く部門もありつつ、各部門賞を決定しました。 最後には皆んな拍手喝采で長い審査の旅を終えた仲間達を称え合いました。 そして4時間のセレモニー。 レッドカーペットイベントでは今回の審査委員長で台湾映画界のレジェンド、王童監督と一緒に歩かせていただきました。 セレモニー中、今回やっっっと『KANO』のウェイダーション監督、馬志翔監督にもお会い出来ました!! 馬監督とはプレゼンターも一緒に務めてさせて頂き、ちょっとした寸劇まがいのやり取りも、、、。 馬監督に助けられました。 マスタークラスとプレゼンターでお越しになっていた是枝監督、撮影監督のリーピンピンさんや、侯孝賢監督にも久しぶりにお会い出来、その後の夜中2時前まで続いた公式アフターパーティでは更に沢山の中華圏の映画人の方々と交流を持つ事が出来ました! 今回の金馬奨+金馬映画祭の長い旅は終わりを迎えました。 チェアマンのアン•リー監督、お声を掛けて頂き光栄でした。 金馬奨+金馬映画祭のスタッフの皆さんお世話になりました。 そして強い絆ができた審査員の皆様、ありがとうございました。 今回、大変素晴らしい経験をさせていただき、皆さんに心から感謝しています。 from M.Nagase(永瀨正敏) #金馬奨 #goldenhorseaward #金馬影展 #goldenhorsefilmfestival #審査員の皆様お疲れ様でした #スタッフの皆様お疲れ様でした #謝謝 #辛苦了 #ノミネートされた皆さん受賞された皆さんおめでとうございました #金馬有難う #審査員証明書 #王童導演 #陳玉勲導演 #李安導演 #最終審査員and二次審査員 #lovely金馬奨staff #李屏賓先生 #TomLin導演 #魏德聖導演 #馬志翔導演 #姜秀瓊導演 #永瀬正敏 #永瀨正敏 #masatoshinagase

永瀬正敏 Masatoshi Nagase(@masatoshi_nagase_official)がシェアした投稿 –

映画館【青木館】に所属する活動弁士。

山岡秋声役を演じる永瀬正敏さんはこれまでに数えきれないほどのドラマ・映画に出演しているので日本では超有名な俳優さんで、小泉今日子さんの旦那さんでもあります。

若い2人の主演にとってもベテランの演技、仕事に対するマインドなど参考になる所がたくさんあるでしょうね。

【第29回ヨコハマ映画祭 助演男優賞】や【第37回ヨコハマ映画祭 主演男優賞】など多くの賞を受賞しています。

茂木貴之役→高良健吾

 

この投稿をInstagramで見る

 

#高良健吾 #モトカレマニア

高良健吾(@kengo_kora_fan)がシェアした投稿 –

山岡と同じ映画館に所属する活動弁士。

茂木貴之役を演じる高良健吾さんはこれまでに

  • ソラニン
  • 万引き家族
  • きみはいい子
  • いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

などに出演をしている俳優です。

高良健吾さんは有名なドラマ【ごくせん】に俳優として初の出演を果たしています。

それ以降は数多くのドラマ・映画に出演し中でも蛇にピアスでは視聴者に衝撃を与えるような役を見事に演じています。

第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

その他

  • 上白石萌音
  • 城田優
  • 竹野内豊
  • 山本耕史
  • 小日向文世

などなどベテランの方々も多く出演しております。

あなたは誰に注目ですか?

私は花より男子以来演技を見る事になる井上真央さんが気になって仕方ありません。

時代劇系の映画なので衣装や化粧も普段とは違うと思いますが楽しみです♪

【映画】カツベンの見どころ

最後に個人的に思うカツベンの見どころです。

主演の若手コンビの演技

カツベンは時代劇系の映画なので、若い成田凌さんと黒島結菜さんがしっかりと昔の人(舞台となる時代にマッチできるか)というのが大きな見どころでは?と思います。

主演の2人は当然出番が多いのでここでその時代を上手く表現できないと視聴者も映画の世界に入れないと思うので。

とは言ってもどちらも演技力には定評があるので問題はないと思いますが。

展開の多さ

あらすじでも触れましたが

【超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった展開】

に物語が進んで行くので展開が次から次へとアップテンポで変わっていきそうな気がします。

アップテンポに進んでいくほうが視聴者は途中で飽きず最後まで楽しめると個人的には思います。

主人公染谷俊太郎の初恋の女性と最後どうなるのか・・・という所も見どころの1つですね。

帰ってきた井上真央

ラストは井上真央さんの演技です。

井上真央さんの演技を映画館で見れるのは4年?5年?ぶりなので、しっかりと目に焼き付けてほしいと思います。

花より男子のイメージが強いので時代劇系の役には最初なれないかもしれませんが。笑

他にも見どころはあると思いますが、ぜひあなたの見どころも教えて頂きたいです。

カツベンは12月13日公開されますので、ぜひ劇場に足を運んで見てみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です