【映画】一度も撃ってませんのあらすじ結末ネタバレと感想!ロケ地情報も!

今回は4月24日に公開される映画【一度も撃ってません】の

  • あらすじ
  • 結末ネタバレと感想
  • キャスト
  • ロケ地

なんかを紹介していこうと思います。

18年ぶりの映画主演を務める石橋蓮司さんがさえない小説家と殺し屋という2面を持つ主人公を演じます。

2つの顔を持つ主人公といえば、最近では「カースタントマンと強盗の逃がし屋」の顔を併せ持つ主人公が活躍する映画「Drive」(ライアン・ゴズリング主演・2012)や、日本では故・藤田まことさんや東山紀之さんが主演を務める「必殺シリーズ」が思い浮かびます。

今回はどのような映画となっているのでしょう。調べてみました。

【映画】一度も撃ってませんのあらすじ

主人公は、小説家と殺し屋という2つの顔を持つ男・市川進(74)。

時代遅れな内容で全く原稿が使用されない作家であり、そしてサイレントキラー・伝説の殺し屋としての一面も持っています。

担当編集者の児玉からも愛想をつかされ、生活面でも妻・弥生の年金暮らしだった。

大都会のバー「Y」にて旧友のヤメ倹エリート石田や元ミュージカル界の歌姫・ヒカルとともに酒を酌み交わし情報交換をする市川…。

というのは彼のかっこいい一面、ところがそれは表の面であり、実は…

ひそかに殺しの依頼を受けては、本物の殺し屋・今西に仕事を頼みその現場を取材していたのだった!

本物の現場を取材することで、物語のリアリティ性を追求しようと試みたのだった。

しかし、妻に浮気を疑われ、敵のヒットマンに命まで狙われるという結果に。市川にとってはただのネタ集めのつもりの現場取材が思わぬ結果に!どうなる、市川。

以上があらすじです。

日本映画界を代表する石橋蓮司が、変わり者の主人公をかっこよく演じてくれることでしょう。

【映画】一度も撃ってませんの結末ネタバレ

ティーンスピリットは2020年4月24日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

【映画】一度も撃ってませんの感想

一度も撃ってませんは2020年4月24日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

Twitterでは早くも「見たい!」という声があがっております。

https://twitter.com/FUN_KANICHIROU/status/1221944676451635200

【映画】一度も撃ってませんの作品情報

  • 公開 2020年4月24日
  • 監督  阪本 順治
  • 脚本  丸山 昇一
  • 音楽  安川 午朗

監督の阪本順治は横浜国立大学在学中に石井聰互(いしいそうご)監督作品「爆裂都市/BURST CITY」の美術担当として映画界に入りました。

映画監督デビューは「どついたるねん」(1989)です。ボクシングで再起不能となった主人公がカムバックに賭ける姿を描き、観る人に主人公の熱い心を訴えた作品となりました。

「どついたるねん」は団塊世代・団塊ジュニア世代という時代を生きた主人公たちの葛藤を表現していると映画の評価コメントでも高く評価されています。

また、最近の阪本監督作品では「エルネスト」(2017)という作品が思い浮かびます。オダギリジョーさんがキューバ革命の英雄チェ・ゲバラとともに戦った日系人を演じました。

こちらの評価も高く、監督の考えられた演出にも注目が集まりました。

激動の時代を生きぬいたり、自分の中にある熱い魂を表にぶつける男たちを描く作品が多いように感じます。

【映画】一度も撃ってませんのキャスト

市川進役→石橋蓮司

冴えない小説家と伝説の殺し屋(?)の2つの顔を持つ主人公の市川進役を演じるのは石橋蓮司。

1954年にデビューしてから実に66年たちますが、いまだ日本映画・ドラマで数多く活躍される俳優です。

また、蜷川幸雄、蟹江敬三らとともに「現代人劇場」や「櫻社」といった劇団を結成し、

「櫻社」で初演を行った【僕らが非情の大河を下るとき】で「新劇」第18回岸田戯曲賞を受賞しました。

悪役からコミカルな役まで、またテレビのドキュメンタリー番組のナレーションなど幅広く活躍しています。

インスタグラムはやっておりませんでしたが、話題となった映画「キングダム」(2019)にも出演されており、そちらとの関連画像で多くみられました。

  •  四十七人の刺客(1994) 小林平八郎役
  • 鬼平犯科帳 劇場版(1995) 沖源蔵役
  • 映画 クリサギ(2008) 蔵元俊介役
  • キングダム(2019) 竭氏役

などの映画に出演しています。

今回は冴えない、そして妻には浮気を疑われるというちょっと恥ずかしい一面と、バーで殺し屋の依頼を受けるダンディーな一面を持つ主人公をどう演じてくれるか楽しみですね。

市川弥生役→大楠道代

映画「風と樹と空と」(1964)でデビューしました。

数々の映画賞を受賞しており、80年に出演した「ツィゴイネルワイゼン」で日本アカデミー賞、キネマ旬報個人賞・助演女優賞を受賞しています。

また阪本監督作品にもいくつか出演されており、「愚か者 傷だらけの天使」(98)、「顔」(00)それぞれで、キネマ旬報個人賞助演女優賞、「顔」はその他にその年の日本アカデミー賞優秀助演女優賞、高崎映画祭助演女優賞、日刊スポーツ映画大賞を受賞しました。

「団地」(2016)で、石橋蓮司と夫婦役を演じました。今回の映画は2回目の夫婦役となり、息の合った掛け合いに注目したいです。

・空中庭園(2005)
・ジャージの二人(2008)
・人間失格(2010)

などにも出演されています。

石田和行役→岸部一徳

皆さんは一度は画面で観たことはあるのではないでしょうか。テレビドラマ、映画、そしてバラエティーとたくさん活躍の場を持ってる方ですね。

知っている方は多くいらっしゃるかと思いますが、1967年ザ・タイガースのベーシストとしてデビューしました。

「君だけの愛を」「シャボン玉ホリデー」と聞けば懐かしく思う方も出てくるのではないかと思います。

映画界でもたくさん活躍されており、

カンヌ国際映画祭では審査委員グランプリ受賞した「死の棘」(1990)にて、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞・キネマ旬報主演男優賞を受賞しています。

またテレビドラマでは「相棒」シリーズが有名ではないでしょうか。主演の水谷豊さんとの緊迫した掛け合いや、居酒屋での腹を探りあうような会話シーンが印象的でした。

  • 時をかける少女(1983)
  • 八つ墓村(1996)
  • アウトレイジ最終章(2017)

などに出演しています。

悪役も優しい役も演じる岸部さん。今回は石橋さんとどのような関係で物語が進んでいくのでしょうか。

今西役→妻夫木聡

今回は主人公市川が、取材のために受けた殺しの依頼を代行する裏の殺し屋・今西役です。

1998年「なぞの高校生」で映画初出演をし、2001年「ウォーターボーイズ」で映画初主演を果たします。

個人的に印象に残っているのが2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続を演じた時ですね。主役としての安定感があるというか、観ていて兼続は彼しか演じられない!といった感覚になってしまいました。

それもそのはず…たくさんの映画やテレビドラマで主演を演じ高い評価を受けています。

  • ジョゼと虎と魚たち(2003)
  • ローレライ(2005)
  • 涙そうそう(2006)

などに出演しております。

その他には

  • 桃井かおり
  • 佐藤浩市
  • 江口洋介
  •  井上真央
  • 柄本明
  • 前田亜季

などが出演されます♪

【映画】一度も撃ってませんのロケ地情報

それでは早速映画【一度も撃ってません】のロケ地を調べていきましょう。

あるラーメン屋さんの前でだいぶ前にこの映画の撮影が行われたそうです。

そのラーメン屋さんとは…

港区新橋にある「新橋 元楽」というラーメン屋さんです。

となると、ロケ地は東京の新橋付近が多いということになるのでしょうか。

新橋でのロケ情報を見るとかなりの映画やドラマの撮影がされているようでした。

気になるBAR「Y」はというと…。

どうやらセットのようです。

今回は主人公が酒を酌み交わすこちらのセットでのシーンが予告ではたくさん出てきました。

これからまた情報が入り次第調査していきたいと思います。

一度も撃ってませんは2020年4月24日公開されますので、ぜひ劇場に足を運んで見てみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です