【映画】福島50のあらすじネタバレと感想!原作についても!

今回は2020年3月6日に公開される映画【福島50】の

  • あらすじ
  • ネタバレと感想
  • キャスト
  • 原作

なんかを紹介していこうと思います。

世界に衝撃を与えた大災害、3.11、東日本大震災。

誰もが覚えている福島第一原発事故。

放射能が漏れる。福島の人に限らず、関東一帯がその恐怖に襲われました。

その時実際に現場では何が行われていたのか。

その真実を知る人は数少ないでしょう。

その真実が、東日本大震災から9年目を迎えるこの春、スクリーンにて遂に明らかにされます。

決して忘れてはいけない悲惨な過去。映画「福島50」がそれを私達に伝えてくれます。

【映画】福島50のあらすじ

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という大地震が東日本にて発生。

そして大地震により引き起こされた想定外の大津波が、福島第一原子力発電所を襲った。

浸水によりまさかの全電源を喪失。

原子炉を冷やせない状況に陥ってしまったのだ。

このままではメルトダウンにより大被害をもたらしてしまう。

残された唯一の方法は”ベント”。

いまだかつて世界で実施されたことのないこの手段は、作業員達が原子炉内に突入して行う手作業。

外部と閉ざされた緊迫した状況の中、遂にこの作戦が実行される。

以上があらすじです。

これは実際に起こったこと。

そう考えるだけで鳥肌が立ってきますよね。

あれから9年という年月が経ち、人々の間から記憶が薄れていく中で、風化させてはいけない出来事だと改めて気づかさせてくれる作品に違いないでしょう。

【映画】福島50のネタバレ

福島50は2020年3月6日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

※ネタバレを追記で書いていきます☆

・・・

2011年3月11日14時46分、福島第一原発を大きな揺れが襲い、所員たちが慌てふためくところから映画が始まります。

今まで経験したことのない大地震だという緊張感が走りますが、原発は地震によって自動で緊急停止しており、それ以上のことを予期していなかったのです。

しかし、その後警報がないままかつてない高さの津波が押し寄せ、非常用電源がやられてしまいます。

すべての電源を失う「ステーション・ブラック・アウト(SBO)」の状態に陥り、所長の吉田(渡辺謙)をはじめ、津波にやられた原発の一号機と二号機の当直長の伊崎(佐藤浩市)らがこの未曽有の大災害に立ち向かうことになります。

原発は地震発生の時点で停止しているものの、核燃料の熱はわずか数時間、数日で下がるようなものではありません。電源がないことで冷却がままならないどころか、原子炉内の冷却水は蒸発し、熱によって核燃料自体が溶けるメルトダウンが起こってしまいます。

すると熱とともに大量の水素が発生し、格納容器の圧力が高まって原子炉建屋ごと爆発、東日本の5000万人に被害が及ぶという最悪の想定がなされました。

大量の計器類が炉内の温度上昇を示し続け、危機感を募らせる所長たち。しかし東電の本部である「本店」や政府は同じ危機感を抱いておらず、総理(佐野史郎)が突然視察に訪れるということもあり、現場には所長の怒鳴り声が響き渡ります。

そして、炉内の圧力を下げるため、弁を開ける「ベント」という作業が一刻も早く必要となります。

電源がない中、手動で、つまり人間が莫大な放射線量と熱とにさらされながら建屋内部に入っていかなければなりません。

最初は何とか成功するものの、二度目は失敗。決死の覚悟で挑んだ作業員が泣いて謝る姿に、伊崎らは歯噛みします。

そして結局、一号機が水素爆発を起こし、日本中が震撼します。所長らは直属の関係者以外を避難させる指示を出し、現場に踏みとどまった所員の家族たちは彼らの無事を祈ることしかできません。

そんな彼らを海外メディアは「Fukushima50」と称したのでした。

その後、所長は病気で亡くなりますが、福島の地から東京オリンピックの聖火が運ばれることに触れ、映画は幕を閉じます。

以上がネタバレです。

【映画】福島50の感想

福島50は2020年3月6日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

Twitterには試写会に行った方の声があるので掲載しておきます。

復興五輪が行われるこの2020年に公開されるのには、大きな意味があるのではないでしょうか。

過去を忘れないためにも、ぜひ見るべき映画だと思います。

【映画】福島50の作品情報

  • 公開 2020年3月6日
  • 監督  若松節郎
  • 脚本  前川洋一
  • 音楽  岩代太郎

福島50で注目されているのが、50年もの間操業していた原子力発電所と全く同じセットが再現されたとのこと。

細部にまでリアリティが追及されており、特に中央制御室と緊急時対策室は、実際に原子力発電所勤務経験のある方がスタジオを訪れて驚いたというほど。

また、日本映画史上初となる米軍の協力も得ることができ、トモダチ作戦のシーンは在日米軍横田基地で撮影するなど、徹底してリアリティにこだわったそうです。

真実をより正しく描くことに力を入れられたこの作品。

1号機原子炉建屋の爆発シーンは最も過激な撮影だったそうです。

緊迫した映像が、私達の知らなかった真実を教えてくれることでしょう。

【映画】福島50の出演キャスト

伊崎利夫役→佐藤浩市

福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫を演じるのは佐藤浩市さん。

佐藤さんは1960年12月10日東京都出身。

1980年にNHK「続・続事件」で俳優デビューを果たします。

その後様々な映画やドラマで活躍し、「忠臣蔵外伝四谷怪談」(1994年 深作欣二監督)、「64 ロクヨン全編」(2016年 瀬々敬久監督)にて日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞されました。

吉田昌郎役→渡辺謙

福島第一原発所長の吉田昌郎を演じるのは渡辺謙さん。

渡辺さんは1959年10月21日新潟県出身。

1984年、「瀬戸内少年野球団」で映画デビューを果たしました。

2003年にはハリウッド映画「ラストサムライ」(エドワード・ズウィック監督)に出演し、第76回アカデミー賞助演男優賞、第61回ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど、海外でも高い評価を得ている日本人俳優の一人です。

前田拓実役→吉岡秀隆

5・6号機当直長の前田拓実を演じるのは吉岡秀隆さん。

吉岡さんは1970年8月12日埼玉県出身。

わずか5歳でテレビ時代劇「大江戸捜査網」でデビュー。

1981年から2002年まではテレビドラマ「北の国から」にレギュラー出演し、名子役として注目されました。

2006年と2008年には、「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)シリーズにて日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を2度受賞されています。

【映画】福島50の原作

映画、福島50は、門田隆将著の原作「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」が元になっています。

90人以上への独自取材と実名証言で綴られた懇親のノンフィクション作品。

「死の淵」を見た、当時現場にいた人間にしか知り得ない緊迫の状況、次々に発生するトラブル、人間の強さと弱さなど、現場でいったい何が起こっていたのか真実が明らかにされた一冊です。

この真実を映像化する。

これにはとてつもない覚悟が必要だったと思います。

福島第一原発事故。

人によってこの事故の受け取り方は様々です。様々な意見が出るであろうことを予測して映画化を決定したに違いないでしょう。

それでも伝えたいと思った真実。

佐藤浩市さんが、「この映画は、絶対に忘れてはいけないこと」と述べていました。

あの東日本大震災から9年。

今年の3.11は、この映画を見て改めて一緒に振り返っていきましょう。

1 個のコメント

  • 2時間の上映中、どこから泣き出したかは忘れましたが、映画を見ているのか、泣いているのかわからない状態でした。70歳にもなろうとする爺さんが映画を見ながら泣くなんて、なんて情けないとは思いましたが、それほど極限の中で、すべてをなげうって、最善を尽くそうとする人々がリアルに描かれていて、本当に泣かせていただきました。素晴らしい映画を久しぶりに見させていただきました。エンドロールが終わってもしばらく席を立つことが出来ませんでした。
    伊崎さん、吉田所長、前田さん、大森さん、名前を上げたらきりがないほど、命を懸けて最善を尽くす。そんな人としての崇高な使命感を感じさせ、考えさせていただける内容でした。何度でも見たいと思います。一人でも多くの方に見る事を進めたいと思います。
    本当に素晴らしい映画をありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です