【映画】エジソンズゲームのあらすじ結末ネタバレと感想!

今回は2020年4月3日に公開される映画【エジソンズゲーム】の

  • あらすじ
  • 結末ネタバレ
  • 感想

などについて書いていきます。

天才発明家のエジソンとカリスマ実業家のウェスティングハウスの熱いビジネスバトル映画。

日本ではあまり公開された事がない内容の映画の為、非常に注目している映画の1つです。

天才発明家と最強の実業家が【電気】を巡ってビジネスバトルを行い、勝つためならルールも無視なのでただのビジネス映画ではなく、迫力もある作品になっています。

さっそく内容に入っていきましょう。



【映画】エジソンズゲームのあらすじ

19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソンは天才発明家と崇められ、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの"直流"による送電方式より、遠くまで電気を送れて安価である"交流"による送電方式の方が優れていると考えていた。若手発明家のテスラも、効率的な"交流"の活用を提案するが、エジソンに一蹴されてしまう。

そんな中、ウェスティングハウスは"交流"での実演会を成功させ、話題をさらう。そのニュースにエジソンは激怒、"交流"による送電方式は危険で人を殺すと、ネガティブキャンペーンで世論を誘導していく・・・

こうして世紀の"電流戦争"が幕を開けた!訴訟や駆け引き、裏工作が横行する中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく──果たしてこのビジネスバトルを制するのはどちらか──!?

出典元:https://edisons-game.jp/story/index.html

    以上があらすじです。

    電気を巡って2人の天才の男が熱いバトルを繰り広げます。

    バトルと言っても殴り合いなどのアクションではなく、頭脳戦となります。

    ちなみにエジソンズゲームは、1880年代のアメリカで直流送電派のトーマス・エジソンと交流送電派のジョージ・ウェスティングハウス間に実際に起きた【電流戦争】を描いた伝記映画なので実話です。

    電気を発明したエジソンと言われていますが、当たり前ですが発明するまでには沢山の問題・困難があったようですね。

    【映画】エジソンズゲームの結末ネタバレ

    エジソンズゲームは2020年4月3日に公開されるので、公開され次第結末ネタバレを書いていきます。

    映画の内容はまだ日本で公開されていないのでわからないですが・・・歴史ではエジソンが電気を開発した事になっているので最後はエジソンが勝つ事になるでしょう。

    映画内でエジソンも窮地に立たされるシーンもあると思うのでどのように逆転していくのか楽しみです!

    【映画】エジソンズゲームの感想

    エジソンズゲームは2020年4月3日に公開されるので、公開され次第感想を掲載していきます。

    日本ではあまりCMが放送されていないですがTwitterでは「見たい」「楽しみ」という声が多く上がっています。




    【映画】エジソンズゲームの作品概要

    • 公開  2020年4月3日
    • 監督  アルフォンソ・ゴメス=レホン
    • 脚本  マイケル・ミトニック
    • 撮影  チャン=フー・チャン
    • 製作国 アメリカ

    エジソンズゲームは日本では4月公開ですが、アメリカでは既に公開されています。

    全米1022館で公開されて公開初週末に266万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位を記録しました。

    9位なのでめちゃくちゃ大ヒットというわけではないですが、映画評論家からは

    【素晴らしいキャストと巧妙なストーリーで観客の心を刺激する良い作品】

    という高評価を獲得しております。

    やはりヒーローモノやゴリゴリのアクション映画に比べ頭脳戦メインの映画は好きな人が減ってしまうと思いますが・・・頭脳戦が好きな人にとってはエジソンズゲームは最高の映画だと思います。

    【映画】エジソンズゲームのキャスト一覧

    エジソンズゲームには世界でも有名な俳優が多く出演するキャスト布陣になっています。

    トーマスエジソン→ベネディクトカンバーバッチ

    エジソンズゲームの主人公のエジソンを演じるのはイギリス出身の俳優のベネディクトカンバーバッチ。

    これまでには

    • ホビットシリーズ
    • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    • ドクター・ストレンジ
    • アベンジャーズシリーズ
    • 1917 命をかけた伝令
    • シャーロック(海外ドラマ)

    など、日本でも大ヒットした映画に多く出演しております。

    エジソンになったりシャーロックホームズになったりと忙しい俳優ですね。笑

    海外ドラマ【シャーロック】の時に英国アカデミーテレビ賞主演男優賞にノミネートされ、あのスピルバーグからも演技力を絶賛され「まるでフェラーリのようだ」というコメントを貰っています。

    ちなみにベネディクトカンバーバッチはハリウッド界においての男女の賃金差に疑問を抱き、女性にも平等の出演料が支払われる作品にしか出演しないと決めているそうです。

    かっこいい!!

    エジソンは眠らず1日のほとんどを仕事に費やしていた発明家なので、映画でも描かれるのか注目しておきましょう。

    ジョージウェスティングハウス→マイケルシャノン

    エジソンと頭脳戦を繰り広げる最強の実業家をマイケルシャノンが演じます。

    これまでには

    • ノクターナル・アニマルズ
    • シェイプ・オブ・ウォーター
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

    などの映画に出演しております。

    また過去には【Corporal】というバンドを結成しアルバムをリリースしています。

    演じるジョージウェスティングハウスのWikipediaを見ると、エジソンの【直流送電システム】に対し【交流送電システム】が最終的に勝利になったと書いてあります。

    てっきりネタバレの部分ではエジソンが勝つだろうと予想しましたが・・・これは少し結末がわからなくなってきました。(歴史には全く詳しくないのですいません笑)

    その他には

    • ニコラスホルト
    • キャサリンウォーターストン
    • トムホランド

    などの方々が出演されます。

    ニコラスホルトはXメンシリーズやマッドマックスに出演し、キャサリンウォーターストンは182センチの身長に加え小顔で美人というスペックの持ち主でファンタスティックビーストシリーズに出演しています。

    こう見るとエジソンズゲームのキャストは主演はもちろん、主演を支えるキャストも最高なメンツになっていると思います。

    洋画ファンにとっては絶対に見逃す事のできない映画でしょう。



    まとめ

    エジソンズゲームは頭脳戦(ビジネスバトル)の為ストーリーが難しそうなイメージがありますが、予告動画を見る限りそこまで難しい内容ではないかと思います。

    電気が開発されるまでに実際に起こった事が映画化されるので非常に楽しみです。

    エジソンズゲームは2020年4月3日に公開されるので、是非疑問を足を運んで御覧ください☆

    それでは!!




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です