【映画】彼女は夢で踊るのあらすじネタバレと感想!ロケ地も調査!

今回は2020年4月10日に公開される映画【彼女は夢で踊る】の

  • あらすじ
  • ネタバレと感想
  • キャスト
  • ロケ地

なんかを紹介していこうと思います。

舞台は広島市に実在するストリップ劇場。

根強い固定客がいながらも何度も閉館の危機を経験してきた。

これまで様々な想いがこのステージで色とりどりに入り混じってきた。

その物語を詳細に描くのは広島出身の時川英之監督。社長やダンサーたちへの取材を重ねて詳細に書き上げた脚本を用いて、広大な劇場と優美なダンサーたちを丁寧に描き出した。

芸歴30周年を迎えた俳優・加藤雅也がストリップ劇場の名物社長を怪演し、映画全体での圧倒的な存在感を醸し出す。

『仮面ライダービルド』で一躍有名になった犬飼貴丈は若い青春の恋を体現する。

ヒロインのストリッパーは、ブルーリボン賞に輝いた岡村いずみ。

優美な彼女のステージは踊り子としての魅力を惜しみなく披露してくれる。

そして、ロック座を代表する現役ストリッパー矢沢ようこは、妖艶な舞でストリップの奥深い世界を映画の中に映し出す。

何度も閉館の危機に追い込まれたストリップ劇場のストーリーです。劇場を巡って繰り広げられるラブストーリーをぜひ劇場でお楽しみください。

【映画】彼女は夢で踊るのあらすじ

広島の昔ながらのストリップ劇場は存続の危機を迎えていた。

社長の木下はこれまでの華やかな時代を回想する。

最後のステージを迎えるストリッパーたちが劇場へと向かう。

この舞台でそのキャリアを終える人気ストリッパーや、出生の不明な若いストリッパー。

閉館までの日々の中でストリップ劇場での思い出に浸る。そして、最後の舞台の幕が上がる。

観客たちはステージ上のストリッパーの中にそれぞれの思いを馳せる。

木下は劇場の終演に、自身の中に隠し続けていたダンサーとの秘密を思い出す。ステージ上では華やかな女性たちが舞い、木下は感慨にふける。

以上があらすじです。

広島のストリップ劇場をめぐる、人間模様に焦点を当てた映画です。

観客、ダンサー、劇場支配人それぞれの劇場にかける思いが交錯する感動ストーリーになりそうですね。

自分たちが愛する老舗が潰れる悲しさと今まで通い続けた思い出が溢れ、心温まる瞬間をぜひ劇場で体感してください。

【映画】彼女は夢で踊るのネタバレ

彼女は夢で踊るは2020年4月10日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

【映画】彼女は夢で踊るの感想

彼女は夢で踊るは2020年4月10日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

Twitterでは早くも「見たい!」という声があがっております。

 

 

【映画】彼女は夢で踊るの作品情報

  • 公開 2020年4月10日
  • 監督  時川英之
  • 脚本  時川英之
  • 音楽  佐藤礼尾

本作は、広島で先行公開され、2019年7月15日から横川シネマで、同年7月26日から福山駅前シネマモードで上映されました。

2020年から全国順次公開予定です。

時川英之が監督を始めて務めた2014年公開の映画『ラジオの恋』を見た加藤雅也さんが広島で一緒に映画を作ることを同作主演の横山雄二(RCC中国放送アナウンサー、ラジオパーソナリティー)と時川監督に提案し、制作へと至りました。

老舗ストリップ劇場「広島第一劇場」を巡って繰り広げられる本作『彼女は夢で踊る』の企画が持ち上がったのは2016年12月。

時川英之監督、加藤雅也さん、横山雄二さんの3人で食事した際、「なにか3人で作品を残そう」という話になったことがきっかけとなったそうです。

中国地方で唯一残った、広島県広島市・薬研堀に実在する昭和50年開館で創業44年のストリップ劇場「広島第一劇場」が舞台となった本作。

これまで何度も閉館の危機を乗り越えてきたストリップ劇場として有名な本劇場を巡る人間模様を詳細に描き出しています。

【映画】彼女は夢で踊るのキャスト

木下社長役→加藤雅也

主人公の木下社長役を演じるのは1963年生まれ現在56歳の加藤雅也さん。

加藤さんは『メンズノンノ』創刊号のファッションモデルを務め、モデルを本業として活動した後、俳優の道へ進みました。

映画『マリリンに逢いたい』で主役を演じた後、ハリウッド俳優を目指し、渡米しました。

出演作は多数で以下のとおりです。

  • 『クレイジーボーイズ』主演
  • 『マリリンに逢いたい』主演
  • 『帝都大戦』主演
  • 『BROTHER』
  • 『許されざる者』主演
  • 『アンフェア』シリーズ
  • 『テラフォーマーズ』
  • 『真田十勇士』
  • 『最後の晩餐-The Last Supper』

人気シリーズに多数出演される加藤雅也さん。

本作ではストリップ劇場の社長を演じるとあって、これまでとは異なった加藤さんが見られそうです。

青年時代の木下役→犬飼貴丈

青年時代の木下社長を演じるのは、1994年生まれ現在25歳の犬飼貴丈さん。

犬飼さんといえば2017年に放送された『仮面ライダービルド』のイメージが強いかと思います。

2012年第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で総応募数13,816人の中からグランプリを受賞した犬飼さんが本作でどのような演技を見せるのか楽しみですね。

犬飼さんの出演作は以下のとおりです。

  • 『仮面ライダービルド』
  • 『獣になれない私たち』
  • 『なつぞら』
  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』

仮面ライダーを務めた犬飼さんはこれから活躍すること間違いなしの若手俳優さんです。

ヒロインの踊り子役→岡村いずみ

ヒロインの踊り子役を演じるのは1989年生まれ現在30歳の岡村いずみさん。

岡村さんは2009年から1年間、集英社『non-no』専属モデルを務め、キャリアをスタートさせました。

2016年に出演した映画『ジムノペディに乱れる』(行定勲監督)の演技で第59回ブルーリボン賞新人賞を受賞しました。

女優としての実力は折り紙付きです。

そんな岡村さんの出演作は以下のとおりです。

  • みんな!エスパーだよ!
  • 私は渦の底から
  • 新宿スワンⅡ
  • ビジランテ

金ちゃん役→横山雄二

https://www.instagram.com/p/B7i0RGDlePB/?utm_source=ig_web_copy_link

金ちゃん役は1967年生まれ現在52歳の横山雄二さん。

横山さんといえば1989年から中国放送でアナウンサーとして活躍されています。

またラジオパーソナリティという顔も持つ横山さんは、2015年放送批評懇談会主催の第52回ギャラクシー賞のラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞されています。

そんな二足の草鞋をはく横山さんのナレーションを含めた出演作品は多数挙げられます。

  • ドキュメンタリー 核のない21世紀を(RCC・青銅プロ・広島映画センター 共同制作)語り:吉永小百合、ナレーション:横山雄二
    男たちの大和/YAMATO(2005年、東映)
  • ちゃんこ(2006年、ティ・ジョイ)
  • ラジオの恋(2014年、時川英之監督、アークエンタテイメント) – 主演・ラジオパーソナリティ 横山雄二 役(映画初主演)
  • シネマの天使(2015年、時川英之監督、東京テアトル) – 仙人 役
  • スマイルタウン平野町(2017年7月、時川英之監督、インターネットで公開)

【映画】彼女は夢で踊るのロケ地

本作『彼女は夢で踊る』の舞台となった「広島第一劇場は」は広島県広島市中区に位置する、1975年から営業する老舗のストリッパー劇場です。

2017年1月31日をもって閉館となりました。

第一劇場グループの6館(「徳山」「岡山」「高松」「神戸」「福山」「広島」)の中で、最後まで営業を続けていた中国地方最後の劇場でした。

劇場の構造としては全57席を有し、本舞台は幅、奥行きが広大で、天井も高いなど国内最大クラスの劇場でした。

その舞台で4、5名の踊り子が観客を楽しませていました。

広島電鉄銀山町停留場から徒歩約5分というアクセスのし易さも老舗として愛され続けた理由かもしれません。

彼女は夢で踊るは2020年4月10日公開されますので、ぜひ劇場に足を運んで見てみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です