【アニメ】あひるの空21話ネタバレ考察と感想!!

今回は2020年冬アニメ、あひるの空第21話の

  • ネタバレ
  • 考察と感想

について書いていこうと思います。

お得情報

あひるの空は現在U-NEXTを使えば全話無料で視聴する事が可能です。

最初の31日間であれば無料で使う事ができ、無料期間の間に解約をすれば料金は一切かかりません!

他にも無料で全話見れるアニメがとても多いのでこの機会に是非お試し下さい♪

※登録・解約方法はこちら

【アニメ】あひるの空21話ネタバレ

VS北住高校戦残り4秒のなかターンオーバーをした空は逆転をかけたスリーポイントシュートを放つが惜しくもリングに弾かれてしまう。

クズ高チームはリバウンドを拾いに行くが非情にも試合終了のブザーがなってしまう。

試合は74:76で北住高校の勝利で合宿最終日の練習試合が終了する。

試合終了後、空は北住高校の監督から最後のシュートについて聞かれると、技術的なミスを理由を言うのだが、北住高校の監督にシュートに迷いがあったと指摘をされる。

途中のポジション変更によってガードになってからの空はシュートに向かう気持ちが弱くなっていたことに気づくのである。

クズ高の面々は部室に戻り、チャッキー、ナベが新丸子高校と同レベルの北住高校相手に2点差なら奮闘していると満足気に話していたが、そこで千秋が北住高校はベストメンバーではなく、途中のメンバー交代、タイムアウトもなかったことを伝えると、クズ高の全力を出してもまだまだ勝利には遠いという現実を知る。

空は1人練習試合の事を振り返りながら、全力を出してなお負けた事に対して悔しらから涙する。

日付は変わり、翌日は球技大会のメンバー決めを行うことになり空はバスケのメンバーで出る事を決めた。

放課後、まどか先輩と一緒に帰ることになり河川敷を歩きながら歩いていると、突然目を瞑って手を出すように言われ、言われるがまま従うとまどかが使っていたリストバンドを貰い、空は憧れの先輩からのプレゼントに大喜びをする。

まどかは空の母親に頼まれたミサンガは渡さなかった。

球技大会当日、バスケの種目ではトビのクラスと空のクラスが順当に勝ち上がりバスケ部同士の試合が始まるのであった。

【アニメ】あひるの空21話考察と感想

VS北住高校戦が今週で幕を閉じる事になったが、クズ高はとても奮闘したんじゃないかと思う。

合宿が始まった時はディフェンスの基礎や、戦術的な事は全く出来なかったチームが攻撃面ではスクリーンを使ったプレイ、守備面ではボックスワンにトライアングルツーといったチームで守るディフェンスをこの短期間で形にしたのは成長を感じた。

試合には負けてしまったが、とにかく実戦経験の少ないクズ高にとっては貴重な経験になったのではないかと思う

ここ何週かは練習試合で結構ピリピリした展開ででしたが、次回から球技大会で少し日常回に近い和やかな話しがされると思うので次回はゆったり観ていきたいと思います。

お得情報

あひるの空は現在U-NEXTを使えば全話無料で視聴する事が可能です。

最初の31日間であれば無料で使う事ができ、無料期間の間に解約をすれば料金は一切かかりません!

他にも無料で全話見れるアニメがとても多いのでこの機会に是非お試し下さい♪

※登録・解約方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です