【映画】1917命をかけた伝令のあらすじネタバレと感想!原作はある?

今回は2020年2月14日に公開される映画【1917命をかけた伝令】の

  • あらすじ
  • ネタバレと感想
  • キャスト
  • 原作

なんかを紹介していこうと思います。

驚異の全編ワンカット映像として現在世界で注目を集めている、「1917命をかけた伝令」。

見ている者が、映画に没入してしまうような臨場感と緊張感を味わえるとのことで話題になっています。

世界中の賞レースを席捲中のこの作品から目が離せません!

【映画】1917命をかけた伝令のあらすじ

舞台は第一次世界大戦真っ只中の1917年。

ある朝、若きイギリス人兵士の二人、スコフィールドとブレイクに重大なミッションが命じられました。

それは、最前線にいる1600人の部隊に作戦の中止を知らせるという内容。

この伝令が間に合わなければ、1600人の兵士全員が命を落とすことになってしまいます。

その中にはブレイクの兄も配属されていました。

そしてこのミッションを遂行するためには、敵陣を突破しなくてはいけません。

刻々とタイムリミットが迫る中、任務を遂行するため2人は戦火を駆け抜けます。

以上があらすじです。

果たして2人は1600人の命を救うことができるのか、無事に任務を遂行できるのか。

簡単そうで、本当は一番難しい「伝令」という任務。

想像しただけでもハラハラする内容ですよね。

最後まで目が離せません!

【映画】1917命をかけた伝令のネタバレ

1917命をかけた伝令は2020年2月14日に全国で公開されるので、公開され次第ネタバレを書いていきます。

【映画】1917命をかけた伝令の感想

1917命をかけた伝令は2020年2月14日に全国で公開されるので、公開され次第感想を書いていきます。

Twitterには試写会に行った方の声があるので掲載しておきます。

まるで言葉を失うかのような迫力満点の映画のようですね。

大きなスクリーンで見るのに越したことはなさそうですよ。公開日が待ち遠しいですね。

【映画】1917命をかけた伝令の作品情報

  • 公開 2020年2月14日
  • 監督  サム・メンデス
  • 脚本  サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
  • 音楽  トーマス・ニュートン

なんといってもこの作品は、驚異の全編ワンシーン・ワンカット映像として注目を集めています。

全編を途切れることなくひとつながりの映像で見せることにより、登場人物の感情や臨場感がより際立って表現されるとのこと。

舞台が戦場なだけに、見ている方にもより一層緊張感が伝わってきそうですね。

「1917命をかけた伝令」は、本年度ゴールデングローブ賞(作品賞)と監督賞を受賞しました。

更に、第73回英国アカデミー賞にも9部門でノミネートされています。

それ以外にも世界の賞レース席捲中のこの作品。

今年のアカデミー賞複数部門の最有力候補となるだろうとも言われていて、より一層期待が膨らみますね。

【映画】1917命をかけた伝令のキャスト

ウィリアム・スコフィールド役→ジョージ・マッケイ

若き伝令兵の一人、スコフィールド役を演じるのはジョージ・マッケイ。

ジョージ・マッケイは1992年3月13日イギリス、ロンドン生まれ。

10歳の時に「ピーターパン」(P・J・ホーガン監督)でスクリーンデビューを果たしました。

「The Boys Are Back」(スコット・ヒックス監督)では、英インディペンデント映画賞有望新人賞とロンドン映画批評家協会賞若手俳優賞にノミネートされました。

それ以外には、「私は生きていける」(ケヴィン・マクドナルド監督)や「始まりへの旅」(マット・ロス監督)などに出演しています。

トム・ブレイク役→ディーン=チャールズ・チャップマン

もう一人の伝令兵、トム・ブレイクを演じるのはディーン=チャールズ・チャップマン。

ディーンは1997年9月7日イギリス、エセックス州生まれ。

2007年に子供番組、「ファン・ソング・ファクトリー」に本人役として出演してデビューしました。

その後、2013~2016年にかけては、ファンタジードラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演して人気を集めています。

また、映画においては、「ブレス 幸せの呼吸」(アンディ・サーキス監督)や「トレイン・ミッション」(ジャウム・コレット=セラ監督)などに出演しています。

【映画】1917命をかけた伝令の原作について

「1917命をかけた伝令」は原作は存在せず、サム・メンデス監督とクリスティ・ウィルソン=ケアンズによって共同執筆されています。

主人公の二人は実在した人物ではなく、今回の映画のために作られた登場人物であるとのこと。

戦争体験者である、サム・メンデス監督のおじいさんから聞いたお話を基に今回の脚本を書かれたそうです。

また、この作品は、米脚本家組合(WGA)に所属する脚本家の投票によって選ばれる、WGA賞映画部門のオリジナル脚本賞にノミネートされました。

これまでにない、リアルな戦場を体験できるであろう「1917命をかけた伝令」。

2020年、最もハラハラする作品を見たいという方は2月14日の公開をお見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です